忍者ブログ
毎日毎日 煩悩と偏愛とその他諸々で雁字搦め。               偏愛に溢れた日常の記録。
[1]  [2]  [3]  [4]  [5]  [6]  [7]  [8
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

只でさえ重い重いと
四方八方そして自分から苦情殺到のこのブログですが

遂に・・・・ええ遂に!! 



( 原文 ) わたくしめのブログに 魔王が降臨なさったんですのよ!!



(原文訳) BUCK-TICKブログパーツ設置しました!!




更に重くなっていること請け合いですが
見辛いとか 読む気無くすとか 自分ですらPCからチェックするの面倒とか

そんなこと どうでもよくってよ☆ ぐふ☆














・・・・因みに相変わらず病人コースです。
朝:ウィダー半分、パン2口、紅茶
昼:フォー半分弱、ホットポカリ、コラーゲンマシュマロ
夕:ラベンダーアールグレイティーラテ、バームクーヘン2口
夜:梅粥3口、ホットポカリ、林檎ひとかけ

今日はほうぼうから ホットポカリが主食と言われました。
考えてみれば、そうだ。

スタバの新ビバレジ、とっても好みでした。美味しかった。
PR
ゆうべ地上波で映画が始まったからチラ見してたら
結局最後まで観てしまって、また寝たのが5時過ぎた罠。

あやかし絡みのネタだったから
つい食い付いてしまったんだが
ストーリーは全体的に散漫な印象でした。
豪華キャストだったんだけど…ホントは面白いのかな。
あつしに半分持って行かれた頭で観てたし。

にしても
宮沢●えの美し過ぎる顔と骨と
染五郎の矢鱈とエロい躰と目線と言動を見たいが為に
最後まで観てしまったとか自重。
制服が夏服になる季節ですね。

ホントどうでもいい話ですが
私はセーラー服が結構好きです。
夏服ならブラウスは白、襟とスカートが濃紺で
ラインが白か黒、スカーフは紺か黒が好い。

付けリボンや紐リボンは好きじゃない。
ふわっとした長めのスカーフか、せめてタイ。
スカート丈は膝頭に被るか被らないくらいがベスト。
仮にメンズならワイドめのスラックス。


…細かさがキモいっていう。
しかしあのコントラストが大事。
今井が結婚したら世も末だとまで思っていましたが
おめでとう今井ちゃん(笑)!

うわーいやー びっくりした。
びっくりし過ぎて 私用のメールをブログにアップするとこだった。

ところで 残るはゆーたのみか。
これであのヒトが2年以内に結婚したら
BUCK-TICKそれはそれでキモチワルいバンドになれると思うんだけど(笑)。
あっちゃんを筆頭にドカドカ結婚。
何?それはある意味でミューズを喪失したからですか?
っていう。(自重しない)

ていうか 結婚記念日4年に1度じゃないか。
銀婚式とか絶対迎えられなそう(笑)。
2/29に入籍するために 3年間待ってたんだと面白いんだけどな。
Bon anniversaire!!
―櫻井敦司様、御誕生日おめでとうございます




先日のオークションに惨敗し
その弾みでなのかなんなのか 気付けば現在 3件入札中。
ヴィンテージピアスが1組と、ヴィンテージペンダントが1つ、ブローチが1つ。
危うく4件目をクリックするところでした。
危ないって。ちょっと頭冷やしなさいよ自分。
多分3件とも、競り無しでこのまま落ちると踏んでいる。
3つとも大分ギラギラしく、仰々しく、そして美しいです。

ヒカリモノが大好きなのは周知の事実だとは思うのですが 敢えてお話しすると。
以前は 部屋にミラーボール吊るしたいだとか
ラメやスパンコールの生地を 矢鱈とコレクション買いしてみたりとか
そんな可愛い程度で済んでいたものが
ここ数年 すっかりジュエリーの方向に道が曲がってきてしまって。
(今考えると、うっかり宝石屋なんかでバイトしたのも傾倒を後押しした様な・・・・。)
買い物行っても 気付くとアクセサリー買ってる。
目的のものを探し切らないうちにアクセサリー買ってる。(ダメダメ)
しかもなんか、金!!とか銀!!とか スワロフスキーがギラギラ!!とか
友人曰く「そんなもんばっかりよく見付けて来るね」というラインナップ。

挙句 この「ヒカリモノ熱」はほぼ定期的にやって来るのである。
どうしたものかねー 一生こうなのかねー ・・・・
などと考えながら 検索かけていたら見つけてしまった。

都会のカラス同盟

え ・・・・黒好き カラスも意外と好き 始発列車の街も好きですが。

なに これ 私入るべきですか?


・・・因みに 多分しゃがれ声じゃないし 砂浴びは未経験です 悪しからず。
1/8発売「音楽と人」

今井寿×yukihiro氏(acid android)×藤井麻輝氏(睡蓮) 対談



ってなんですか 一体なんなんですか 何の陰謀ですか。

バクチクとラルクとソフバ・・・・て云うか
バクチクとジキルとソフバ!!!(ジキルはダイインクライズを代入可!
うひゃっほーい!!(不審者)

決して「饒舌」と云われるクチじゃないものの話が話なら非常によく喋る3人の対談ですよ。
楽しみ過ぎますよ。要はオタクとか云ってないわよ。(リアル暴言)
取り敢えず3人とも機械っぽい。(語弊ありまくりな表現)
今井とかそろそろ耳朶でLED発光してそうだしね。ピアスじゃないのよ。自家放電よ。
ゆっきーは インジケーターが点滅してるのを見てほっとするって昔ラジオで云ってたな(笑)。

・・・音人ってなんかちょくちょく妙なこと考えるわよね。褒めてますわよ。
編集長が命削ってる度ナンバーワンな雑誌な気がする今日この頃。
でもそれ多分、バクチク関連だけだと思うんだけど(笑)。
何れにせよ楽しみです。

あああそうだ「音ヲ孕ム」買わなきゃね。
あと 河村隆一のカヴァーアルバムもちょっと聴いてみたい。
ホントにあっちゃんもカヴァーアルバム出せばいいのに!!
チヨちゃんも送ってきてくれた!!!
ありがとう!!!!

あっちゃんとかISSAYさん見てても思うんだが
美人と 美人の美は、歳は取っても劣化はしないのである。
骨格レヴェル=遺伝子レヴェルで根本的な造形が整っているから。
今更 な話だが。

特にハイディーなんか、キワキワなライン上の美のあっちゃんと違って
変顔しても崩れ切らないという オソロシイ顔面なわけで、
あの顔を何度見ていても 同じ風に驚いたりする。何度吃驚したか(笑)。



因みに チヨちゃんから送られてきたメールへの返信は
「あああああ」とか「うああ」とかが多過ぎて
送った数分後に見直しても我ながら見苦しかったです。
悪魔のすゎすゎゃぁきー

・・・と唄うと とっても清春さん風。(相変わらずどうでもいい)


今年の夏のB-Tフェス、「ON PARADE」で
清さんとあっちゃんがセッションしたJUST ONE MORE KISSの音を
と或る方法で引っ張ってきて ウォークマンに落としたのを
今 繰り返し聴いてたんですけど
あっちゃんと清さん、声似てますね結構。
音域が同じになると 共通点が洗い出される感じで、今更そんな認識をした。
無論 両方大層好きなわけですが。

昨日の夜から もう20回くらいニコ動で夢魔観てます。
勿論DVD持ってるんですけど あの弾幕も込みで観たくて。
(遂に24時間解放になっちゃったので このままニコ中まっしぐらかもね。)

そう云えば 今日は絶賛首筋痛と相成りまして。
CREAM SODA、BEAST、スパイダー、REVOLVERで散々頭振ってんのに 
最後に夢魔なんて来るから!!ドクターストップかかってるのに(笑)!
久々に ヘドバンしてて眩暈がする感覚を覚えた。
一瞬 地面がどっちかわからなくなってふらつく あの感じ。
楽しかったぁ・・・。


さて もう1回夢魔見て卒論やろう。
遂に教授から「そろそろ1回来て」と呼び出しが・・・(倒)。
今井さーん 御誕生日おめでとうございます★☆


42歳になられた様です。
折角ツアー中なんだから御祝いしたかったのに
BUCK-TICKさんは今宵 遠い南国、鹿児島でライヴです。

まあ 遠く離れた東京で 御祝いしますけどね勝手に。友人達と。
既に恒例ですが。自分達の誕生日もこんなにしないよね っていう。
非常にシャイ(・・・)な今井先生のことですから
から逃げなすったのかも知れません。
何らかの懼れを抱いてね。
フルメンバー、5名揃うのは結構奇跡的かも(笑)。
実は ライヴ以外で5人が顔合わせるの初めてだったりして 楽しみです。

因みに去年は チヨちゃん力作の今井イラスト入りケーキを
何を考えたかうっかり作ってしまったけど。
これもこれで非常ーに楽しかったなあ。


・・・ええと今井さん。
これからも益々 天使で悪魔で髭ガーリーで、
インフィニティな抽斗から 素敵な音を聴かせてください。
あ、髭はそろそろ1回消えてもいいですけど
別にそのままでもいいです。寧ろ好きです。
たまにでいいので歌って喋ってください。(Lucyも聴きたいです。)
そのセンスの前に平伏しつつ 怒号の如く名前を呼ぶキの字なファンでごめんなさい。
これからまた1年 楽しまれますよう。
目に浮かぶ ならぬ 耳に浮かぶ様だ。



突然ですが(いつものこと)
あっちゃんは「黄昏のビギン」を唄うとよいと思うのです。
ひと月くらい前に BSの昭和歌謡曲特集かなんかで見て
その時からぼんやりと思っていて、
昨日の深夜かなんかにラヂオから流れていて 確信めいた(笑)。

キーをぐっと下げて、テンポも落として ごくしっとりと。
ヴィブラート効かせて ウィスパー気味に。

・・・・ソロの時にやった「LOVE~抱きしめたい」と「雨音はショパンの調べ」が大好きなんですよ。
ああいうカヴァーをもっと聴いてみたい。
折角 あの世界では珍しく、日本語を巧く遣って唄えるんだから ねえ?




ホントに作っちゃった バッカじゃないの!
稚拙感とアイタタ感がポイント。
敢えて痛いファンになってみるという愚行。

そう言えばBUCK-TICKさんたちって珈琲飲むのかしら。
酒しか飲んでない様な気がするんだけど。(え) 
1:Mr.Darkness & Mrs.Moonlight
オープニングにいいなあこの曲!
あっちゃんの紳士声 良い! 喉の奥を深く使ったあれ。
キャバレーやラインダンスをイメージさせるコーラス。
若干のジャズっぽさ。(好物)
いまいまいままま・・・いまいちゃんのコーラス! コーラス頻出!!笑!(失礼)
赤い絨毯にゴージャスでレトロなシャンデリアの空間なんだけど
もしかしたらこれ、全部良く出来たハリボテの類じゃない?! みたいな遊び感。

2:Rendezvous
既になんだか懐かしい感じすらする。
7月のツアーを鮮明に想い出した。
この曲はライヴで映える。想像以上に映える。ホールではどんな風かな。
PVも久々に観たけど、やっぱり3回目か辺りの「Rendezvous」の時の
あっちゃんの表情が物凄く素敵。
あー歌唄いって たまにこういう独特の表情するわよね って顔。
(毎度マニアックにて失礼)(超今更)
ツアー楽しみだなあ。

3:モンタージュ
ああああやっと聴けた完全版!!
何度も言うけど 何 何なのこの敦司フレーヴァーどころか 敦司色な今井歌詞!
だけどこの、サビのメロやコーラス、ギターの暑苦しさは今井。Lucyで顕著だった感じの。
2番のAメロの、ダブルヴォーカルの妙な乖離感 好い。
「血の管」って今井が言った!「6月の沖縄」!
ベースが王道だけど格好好い。唸り具合が。
あっちゃんの響くハイトーンが神。絶妙ヴィブラート。
サビ前は後ろノリで きっちりリズムに合わせて頭振りたいところ。
(つい癖で頭振っちゃうんだけど、そもそもB-Tってヘドバンあるバンドじゃないし
ホールだとかなり目立ったり浮いたりするんだけど…まあ今更どうでもいい/笑)。

4:リリィ
うっわー今井ちゃん可愛い(笑)!!
これぞ今井詩で今井曲 という感じ。最近だと「GIRL」みたいな。
リズムもメロディーも、かなり初期曲の香りがして
アルバム「SEXUALXXXXX!!!」大好きな私としては 色々期待も膨らんだり。
最初に「GIRL」の歌詞見て イントロ聴いた時は、
この曲を今のあっちゃんの声でどう唄うんだ? と思ったけど
意外なほど普通にしっくりだったし、唄ってて楽しそうだし。
この曲もきっと、あの穏やかな満足げな目で唄うんだろうな。

5:La vie en Rose
第一感想=「うっわ恥っずかしいタイトル(笑)!!」
・・・・・ホント毎度失礼なファンで。
イントロでもう 勝ち! な感じ。このハイハットのリズムに弱い。
加えてなんだこの漢前なベースは。
これもジャズ風味。踊れる。相当踊れる。
30~40年代くらいの、場末のジャズバーみたいなイメージ。
あっちゃんの、時折自堕落めいた節回しが 笑えるほど様になってて 素敵。
かなり難しそうだけど 唄ってみたいなこれ。

6:CREAM SODA
うっわこれ好きだあーー!!
敢えて既存曲で言うなら「チョコレート」「君のヴァニラ」「BLACK CHERRY」
(見事に甘いもので繋がるという。あっちゃんのこういう所好き。)
La vie en Roseもそうなんだけど もう 星野!! って感じの曲。
流石よね 「ナルシス」作った男は違うわね。(キメ彦!)
これもライヴが楽しみだ。照明がホール中ぐるぐるしてくれないかな。


アリスイン~ へヴィロテ中。
タイトル曲も好きだが、今回大ヒットはc/wのtight rope。

バックのリズムが変化して テンポも上がった事で
言葉と音の密着度が上がった。とても好みな感じに。
メロディラインもより流麗になったと思う。
なんだかこう…全体的に原曲よりも、「歌うように喋っている」感じ。
綺羅星の瞬くような サビ終わりのバック~アウトロのギターは より映えている。
イントロ~Aメロにかけてのスクラッチ とても好き。流星。

アリスイン~のPV見ました。
まだ歌詞、何箇所もよく判らないとこがあるけど。

あんな如何わしいのをシングルカットするのか と感心したが
如何わしいと解ってしまう自分が 一番宜しく無い気がする。
自称フェアリーの○○ちゃんに
是非感想を求めたいところである。
なんて曲なんだとよく思う。

リリースが2002年の 確か9月だから
4年半以上聴いていることになる。

某バンドがかなり気になっている。
バンド自体は結成されたてホヤホヤ(死語か?)ながら
そこの首謀者はもう、8年くらい前に知った人で
今更アイツか!! って感じではあるのだが(笑)。


更に 私はその首謀者の、妙なピッチの悪さと
昼ドラかB級少女漫画みたいな歌詞がイヤなのである。
特に歌詞。朗読しろって言われたら この場で豆腐1丁食べるから勘弁して下さいと言おうと思う。
・・・なのに 当時も今もその間も どうにも気になり続けている。
音源買ってたし ライヴも行ったし 剰えコピーすらした。


・・・と、ここまで書けば
誰の事だかもう判ってる人の方が多そうだ。
ああ気になる(笑)!
・・・なんてタイトル付けると
皆様 どんな内容を想像するのでせう。


その実は

荷物の嵩が1.5倍になってでも
(安物)ラバソ(偽)をライヴに持って行きたい

というどうでもいい話ですよ。
ラバソ(偽)を履くと 3cmは身長が増えます。即ち164.5cmになれます。
しかし 劇的な差ではありません。
しかしながら 3cmは確実にステージに近付ける気がします。
ただし多分気だけです。 上方向に3cm伸びても 直線距離が縮むとは思えません。
しかしまた 視界が3cm分開けることは確実です。

要は浅ましいのです。

東京からラバソ(偽)を履いていく事も考えたのですが
ハイカットタイプなので異常に暑い。暑過ぎる。
なので鞄に押し込んだら 死体が入りそうな大きな鞄がキャパいっぱいに。
着替え等も万端にしたら、どう見ても1泊の荷物じゃないサイズになりました。

東北なんて何年振りかしら。
そして 地方大に進学した学園の同窓生にも、2年以上振りに会ってきます☆☆
ネット見てたら 蜥蜴のケミカルレース発見!!
無意味に欲しいこれ!


トカゲケミカル黒。
無事 Live前に入手!

中の写真見たんだけど 何 あの「変なキュビスム」みたいの(笑)。
て言うか髭彦(笑)!!
今井ちゃん可愛い!


あー明日Liveかー
いつもの事だけど
信じられないなー
おめおめと あの人達に会いに行くだなんてそんな。
バカじゃないの自分。
あっちゃんにの威光に射抜かれて死ぬがいいわよ。(盲目)





本ブログのライヴレポモドキは
あくまで モドキ であり
ライヴレポではありません。
ライヴレポと同等の効果効能を
お求めの方には不向きです。

変態や偏愛に塗れています。
ご了承下さい。
Calendar
07 2017/08 09
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
****
Search
Profile
HN:
ゆら
性別:
女性
自己紹介:
社会人も早くも5年目になり
30歳が見えて来た。


9歳か10歳辺りで吸血鬼やら魔女やら怪盗やらに異様な関心を示して以来、どうにもその辺から離れられない。
その後ヴィジュアル系に傾倒して火に油。
人生片足踏み外した、くらいに感じている。

とっくにバンギャ上がったつもりで居るが、如何せん抜けない。
でも 別にヴィジュアル系だから好きだったわけではないと よく解っていたりして
年々 自分の音楽嗜好を人に伝えにくい感じ。


大学で西洋近代美術専攻。
卒論は偏愛を暴走させてモローのオルフェウス関係に。


多分 基本的に変態。
特技は物忘れと妄想。


【好きな美術】
絵画はモロー・ルドン・クリムト
カラヴァッジオ・ブークロー
シュトゥック・ムンク・ドレ(特に油彩)
ミュシャ・ルイ=イカール。
立体はジョゼフ=コーネル、ガウディ
ガレ・ギマール等のナンシー派。
日本美術だと琳派辺りが少し好き。


【好きなモノカキ】
澁澤龍彦・江戸川乱歩・三島由紀夫。(なんというコテコテ。)漫画は古めの少女モノ偏読。(8等身万歳。)


【好きな人達】
*目下足繁く*
BUCK-TICK
山田晃士

*ライヴ行かないけど好き*
Versailles
MORRIE*
Kaya
HYDE*


* * * * * * * * * * *
Creature<<DEAD END
L'Arc<<<VAMPS
* * * * * * * * * * *

*過去バンド*
Lucy
THE YELLOW MONKEY
The Spy "C" Dildog
NeiL
LAREINE
BOΦWY
ROUAGE
BAISER
SOFT BALLET
MASCHERA
黒夢
SCHWEIN
Schwarz Stein
Aliene Ma'riage

等等。
Monthly

Copyright (c)A la votre! All Rights Reserved.
Powered by NinjaBlog  Photo by Kun   Icon by ACROSS  Template by tsukika


忍者ブログ [PR]